読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまる

適当な事を適当に書く

田中啓文『こなもん屋うま子』

何処かに発生する不可思議なこなもの料理店を舞台にした、連作集。

 

どの話も、主人公の一人称で進むのだけど、はじめは主人公の素性は伏せられいて、終盤で馬子によって暴露されることで、話がオチに進む、という枠組みになってる。

 

ベタといえばベタだし、若干無理やり感のある展開もご愛嬌なんだが、脳を使わない感じの話が読みたかったので、よかった。