読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまる

適当な事を適当に書く

IoT時代における、ラムダアーキテクチャ再考 〜 Microsoft Azure on ARM Server のニュースを受けて

あとで書く的なやつです。

 

前提

IoT とは

インターネット・オブ・スィングス〜。ご存知、インターネットに繋がらなかったものを繋げられるようになると、いろいろ世界が変わるよね!と盛り上がっている。エンタープライズな領域だと、しばしば手段が目的化したりしている。数年経てば落ち着いて、質実剛健なIoTのなにがしが生まれてきそう。

 

ラムダアーキテクチャとは

バッチ層・スピード層・サービス層の3層でデータを処理する構成。

http://lambda-architecture.net/img/la-overview_small.png

汎用的でスケーラブルで耐障害性の高い構成として、Nathan Marz により考案された。彼は Apache Storm の作者でもある。詳しくは、このサイトか、この辺の本を読むといいのでは

 

 

 

 

さて

 

 

ascii.jp

community.arm.com

 

クラウド時代におけるラムダアーキテクチャ

 

いわゆる

 

IoT時代におけるラムダアーキテクチャ