はじまる

適当な事を適当に書く

Apache Kafka on Heroku

とりあえず

やってみるぞ。最安プランなら、月100ドルでいける。

Apache Kafka ってなんや

Herokuのプラットフォームでアドオンサービスとして提供されているKafka。

メッセージベースのトピックを使用した高速でフォールトトレラントな通信を実現できる分散コミットログ。何百万から十億のトランザクションのイベントを扱うことが可能。

弾力的なキューイング

カフカは、それが簡単にシステムがダウンストリームサービスに揮発性のスケーリング需要をかけることなく、インバウンド・イベントを大量に受け入れるようになります。彼らは能力を持っているときに、これらの下流のサービスではなく、イベントの「プッシュ」への反応性であることの、カフカのイベントストリームから引き出すことができます。これは、スケーリング、負荷の取り扱いの変動、および全般的な安定性を向上させます。

データパイプライン&分析

規模の大きくなったアプリケーションは、多くの場合、そのデータから最大限の価値を得るための分析やETLパイプラインを必要とします。カフカの不変イベントストリームは、データを変換し、集約する高度な並列データパイプラインを構築することが可能。これにより、開発者は、バッチシステムや可変データで可能であったであろうよりもはるかに速く、より安定したデータパイプラインを達成できることを意味します。

Microserviceコーディネート

多くのアプリケーションは、スケールするにつれてicroserviceスタイルのアーキテクチャへの移行する。そして、microservices に伴う課題に直面する。サービスの発見、依存関係およびサービスの可用性の順序、およびサービスの相互作用。

カフカを使用することで、アプリケーションは劇的にサービス間の通信のための問題を簡素化することができます。

カフカのトピックは、メッセージの上送信および受信するためにどのmicroserviceネットワークへのブートストラップ、そして発見するサービスのために、それが容易になります。注文と依存関係の課題が低減され、トピックベースの協調は、サービス間のメッセージは永続カフカに管理されているサービス・ディスカバリのオーバーヘッドを低減します。