はじまる

適当な事を適当に書く

新興 PaaS である Now のイケテナイ点

ググってもでてこない

ちなみにURLこれ

https://zeit.co/now

墓フェス

高速バスの車窓から「墓フェス」みたいなイベントを見かけた。

ステージに人間の集団がおり、観客席には百個ほどの墓石がステージを向いて並んでいる。

「水にありがとうをいうと美味しい水になる」的に、「石に音楽を聴かせると、いい石になる」みたいなノリなのだろうか…。

サンフランシスコ 出張 メモ

持っていくもの

  • パスポート
  • 現金
  • スマホ
  • 防寒具(パッカブルダウンジャケット。サンフランシスコは昼夜の寒暖差が激しい為、日中は暑くても夜はクソ寒くなったりする)
  • PC(MacBook Pro

MacbookiPhoneは変圧してくれるので、変圧プラグは不要。Andrordスマホもだいたい変圧対応していると思う。

 

用意しておくアプリ

  • タクシー配車アプリ(LyftUber
  • グーグル翻訳
  • グーグルマップ

 

現地での移動手段

サンフランシスコ国際空港とサンフランシスコ市内の移動

 

BART(地下鉄)
  • 公式サイトをみればok http://m.bart.gov/
  • 乗換案内的な機能もついている
  • ホテルニッコーサンフランシスコに泊まる場合(日本からの出張だと多いのでは)、「San Francisco International Airport」駅から「Powell St.」駅
  • 日本と違って平気で遅れるので、移動時間には余裕を見ておきましょう
タクシー

タクシー乗り場で乗ったり、アプリで呼んだりすればいいと思う。チップ含め50〜60ドルくらいぽい。

Web サービスにパスワードは必要ない - Frasco


Web サービスにパスワードは必要ない - Frasco

 

パスワードわからなくなって毎回パスワードリセットしてたりするやつあるので、確かに妥当。ただメーラと画面の間の遷移がダルい。

Apache Kafka on Heroku

とりあえず

やってみるぞ。最安プランなら、月100ドルでいける。

Apache Kafka ってなんや

Herokuのプラットフォームでアドオンサービスとして提供されているKafka。

メッセージベースのトピックを使用した高速でフォールトトレラントな通信を実現できる分散コミットログ。何百万から十億のトランザクションのイベントを扱うことが可能。

弾力的なキューイング

カフカは、それが簡単にシステムがダウンストリームサービスに揮発性のスケーリング需要をかけることなく、インバウンド・イベントを大量に受け入れるようになります。彼らは能力を持っているときに、これらの下流のサービスではなく、イベントの「プッシュ」への反応性であることの、カフカのイベントストリームから引き出すことができます。これは、スケーリング、負荷の取り扱いの変動、および全般的な安定性を向上させます。

データパイプライン&分析

規模の大きくなったアプリケーションは、多くの場合、そのデータから最大限の価値を得るための分析やETLパイプラインを必要とします。カフカの不変イベントストリームは、データを変換し、集約する高度な並列データパイプラインを構築することが可能。これにより、開発者は、バッチシステムや可変データで可能であったであろうよりもはるかに速く、より安定したデータパイプラインを達成できることを意味します。

Microserviceコーディネート

多くのアプリケーションは、スケールするにつれてicroserviceスタイルのアーキテクチャへの移行する。そして、microservices に伴う課題に直面する。サービスの発見、依存関係およびサービスの可用性の順序、およびサービスの相互作用。

カフカを使用することで、アプリケーションは劇的にサービス間の通信のための問題を簡素化することができます。

カフカのトピックは、メッセージの上送信および受信するためにどのmicroserviceネットワークへのブートストラップ、そして発見するサービスのために、それが容易になります。注文と依存関係の課題が低減され、トピックベースの協調は、サービス間のメッセージは永続カフカに管理されているサービス・ディスカバリのオーバーヘッドを低減します。

自社プレゼン

自社やプロダクトのことは半分くらい。

残り半分は、オーディエンスの生活や関心に関わることにすべき。

IoT システムにおける MQTT ブローカー を JMeter をつかって負荷テストする

Testing the MQTT Messaging Broker for IoT - A Guide | BlazeMeter

JMeter による負荷テストのSaaSサービスを提供している Blaze Meter によるブログ。Blaze Meter によるやり方も知りたい。