はじまる

適当な事を適当に書く

「すぐの法則」

「すぐの法則(『す』数字で、『ぐ』具体的に)」。例えば「お礼状は12時間以内に書く」「片付けは5分以内に終わらせる」といったように、自分なりのルールを決めておけば、どうするかを迷わなくなります。


「夜2時間」の余裕を生む、「朝30分」の工夫とは (日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)) - Yahoo!ニュース