読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまる

適当な事を適当に書く

調子が良くない時の思考、そして改良のための試行

ここ1ヶ月くらいは、慣れない仕事をしていることに加え、体調も悪く、時間をかけているのに、思うような成果が出ず。

平時なら、おそらく、数時間でできるようなことに何日間もかけており、自己嫌悪に陥る。

自己嫌悪くらいなら良いが、なんとなく同僚が『こいつ使えねえやつだなぁ』と陰口を言っているような心持ちになったりもした。実際に言っているかどうかは確かめようが無い以上、気にするだけ損なのだが。なによりそう思っているのは、他ならぬ自分自身なのだ。自分による自分への批判が、他人の口を伴うものと想起されるのは、なかなか自分に特有なことなのかな、と思ったりもした。自罰的なのだろうか。

 

強がってる人物より、弱音を吐きながらなんだかんだ長く職業生活を送れている、みたいな説も見かけたりして、まぁいいか、いつまでもこんな状況が続くわけでもあるまい、と考えたりする。